読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主婦久美子の秘密

誰にも言えない私の本音を語ります。

物販という単語すらあまり認識していなかった

皆様こんにちは、私はもう40超えになる女性です。


夫の会社が経営破綻しそうで、毎日の生活が苦しく、
アルバイトを自分でも始めましたが、なかなか収入も得られない。
ましてや息子と娘はもういい歳で高校生です。
息子は趣味のバンドをやりたいと言ってギターなどを購入したがりますし、
娘は娘でおめかししたい年頃ですので化粧品も高額のものを使おうとしたりしています。
生活はカツカツで、夫も会社をクビになりそうで戦々恐々しています。


今は社宅に住んでいますが、その社宅にすらいられなくなるかもしれない。
それに、息子のバンド活動も応援してあげたい。
大学にも行くけれど、音楽の大学ってやっぱり高額で…。


娘も歌手になりたいと毎日がやがや夜やっているのにも文句は言いたくはないですが、
社宅なのに騒音だったりするので、苦情だったりきそうで怖いですし。
娘や息子のためにマイホーム購入を検討したいんですが、
私の夫がそもそもリストラされたら行く先がないので、余計に焦ってしまいます。

 

そんな中、インターネットでいい職場がないか探していると、
物販のスペシャリスト「鈴木あみ」という方がいらっしゃると判明しまして。
最初はドキドキしながらどんな方なのか、
どういった物販で稼いでいるのか…そもそも、これって大丈夫なの?
という不安感から、連絡をためらっていましたが、
いざ勇気を出して連絡してみると気さくな方で、
チームひまわり」というグループを立ち上げていらっしゃることや、
昔はそこまで自分も自信がなかったんだけれども

皆がいるからと明るく笑っていてとても好印象でした。

f:id:kikusankikuosan:20161109094011j:plain


「最初はだれでも初心者なんで大丈夫ですよ!」

という鈴木あみさんのお言葉がとても励みになりました。
そうですよね、誰だって初めは初心者です。
何をするのだって、初めての未知の世界は怖いものです。

 

鈴木あみさんは「ゆっくりでいいです。
覚えられるところだけで構いませんから」と後押ししてくれて
私も気分が落ち着いて、年下の子なのに、本当、
恥ずかしいところを見せてしまったなぁと思いましたが、
物販の件に関しては先輩です。
なので、そこは甘えさせていただきました。

 

そんなこんなで鈴木あみさんに連絡させてもらって

次に連絡をいただけれるよう控えもいただき、
とても親切だなぁと感慨深く思っていたら、時間はすぐに過ぎていて、

息子たちの帰宅時間でした。

今日の夕飯は寒いので鍋にしようということで、余っていた冷凍ミンチを団子にして、
お鍋に入れちゃっていたら、帰っていた娘が

「ポトフがいい」と注文を付けてきたので、
気分がよかった私は「なら今日はポトフでいい?」と聞けば

「温かければいいよー」と返事が返ってきました。

f:id:kikusankikuosan:20161109094146j:plain

本当、鈴木あみさんの話でお財布も暖かくなるのなら

もう一度ご連絡してみようと思いました。